reGretGirl_2111_Sub.jpg

(L→R)前田将司(Dr.)/平部雅洋(Vo. Gt.)/十九川宗裕 (Ba.)

MEMBER

平部雅洋 (Vo./Gt.)

1993年12月29日生まれ。


音楽一家に生まれ、物心ついたころから音楽に触れる。
高校に入り軽音楽部に入部。ドラムを志望していたが、所属したバンドに既にベースとドラムがいたため、ギター・ボーカルを始める。


大学入学直後に彼女に振られたのをきっかけに今とは別のメンバーでreGretGirlを結成したものの、半年も経たずに平部以外のメンバーが脱退してしまう。


その後、十九川・前田と出会い現在のreGretGirlの形となる。
全ての曲の作詞・作曲を担当。

前田将司(Dr.)​ 

1995年1月23日生まれ。

高校入学時に軽音楽部に入り本格的に音楽を始める。


ライブハウスで平部・十九川と出会い、reGretGirlのサポートメンバーとして参加。


平部曰く「ドラムに強いこだわりを持っているが、本人がそれに気づいていない」とのこと。


2015年1月に正式にreGretGirlに加入。

十九川宗裕(Ba.)

1991年4月9日生まれ。

高校2年生のときにベースを購入するも、すぐに挫折。
大学生になり、なにか新しいことを始めたいと思っていたところ、部屋で埃をかぶったベースを発見し、本格的に音楽活動を始める。


以降ベースの低音の魅力や旋律の美しさに魅せられて練習に没頭する。
2014年、大学の後輩である平部のライブを観に行き感銘を受け、バンドを組もうと誘い、reGretGirlのメンバーとなった。

BIOGRAPHY

2015年大阪で結成した、切ない歌詞とキャッチーなメロディーが特徴の次世代センチメンタルギターロックバンド。

誰もが一度は経験したことがあるであろう等身大の歌詞は、特に10代の若者から絶大な支持を得ている。

幅広い層にも届く、切なさとポップさを持っている楽曲を歌う。

 

2017年12月に初の全国流通盤『my』をリリース。

収録曲「ホワイトアウト」のMVが2,500万回再生を突破。(2021年7月現在)

2019年6月に開催した東名阪ワンマンツアーは即完売、各地フェスや大型イベントへも出演。

同年9月に3rd Mini Album『soon』をリリース。

全国13箇所のリリースワンマンツアー「coming soonツアー」は全公演SOLD OUT。益々勢いを増している。

2020年1st Single『スプリング』をリリース。ドラマ「片恋グルメ日記」オープニング主題歌に「pudding」が起用される。

2021年にメジャー1st Full Album『カーテンコール』にてメジャーデビュー。

 

バンド名は、平部が当時の彼女に振られた際「いつか有名になってフッたことを後悔させてやる。」と思ったのが由来。